• 駐車場完備
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

089-931-1240

受付時間 9:00~17:00(要予約)

相続放棄手続きサービス

相続放棄サービス

お急ぎください!相続放棄は3ヶ月の期限があります。

相続放棄は期限があります

「借金を相続してしまった」

「亡くなった親の借金について督促が来た」

「亡くなった親が借金の連帯保証人になっていた」

このような方はお急ぎください。借金を相続しないよう、相続放棄の申請が必要です。

当事務所の相続放棄手続きサービスについて

相続放棄とは?

「相続放棄」の言葉の意味は文字どおり、「相続権を放棄する」というものです。

つまり、親や親族から遺産を受け取らないという事です。

(もっと正確に言うと「元々相続人ではなかった」ということになります。)

相続では、「不動産」や「現金」などのプラスの財産の他に、借金などのマイナスの財産も自動的に引き継ぐことになります。

つまり、亡くなった方が生前に借金をしていた場合や、連帯保証人になっていた場合などに、金融機関から亡くなった方(被相続人)の相続人に対して、借金の返済(債務弁済)を求められるのです。自分とはまったく関係ない借金でも支払い義務が相続によって発生してしまうのです。

その借金を引き継がないための手段として、「相続放棄」をすることができます。

相続放棄とは>>

ただし、相続放棄をするには、相続発生後(つまりご家族・ご親族が亡くなってから)3か月以内に手続きを完了させる必要があります。

相続放棄に関するサポートについて>>

相続放棄をご自身で進めるのが難しい理由

相続放棄をご自身で進めるのは、非常に難しく、通常は専門家に依頼するべきです。

その理由を専門家がご説明いたします。

〇ご自身で相続放棄をすべきか判断するのが難しいから

〇相続放棄手続きがそもそもできない場合がある

〇相続手続きを進めている間に、相続放棄ができなくなっている場合がある

〇ご自身で相続放棄をすべきか判断するのが難しいから

ご自身で相続放棄の手続きを進めるのが難しい理由の一つとして、「相続放棄をしてよいか判断がつかない場合があるから」があげられます。

具体的には、下記のような場合です。

①相続財産(プラスの財産)がどれくらいあるか分からない場合

②借金や負債(マイナスの財産)があるのかどうか分からない場合

③連帯保証債務(連帯保証人)になっているかどうか分からない場合

④受け取って良い財産(相続財産ではない)であるか分からない場合

⑤限定承認(一部を相続したい)をするかどうか判断がつかない場合

⑥その他、相続人間で複雑な事情がある場合

上記のことを把握していないのに相続放棄を進めようとするのはリスクが高いです。

いずれの場合においてもきちんとした法律的な判断が重要となり、専門的な判断については、きちんとした根拠資料を用意して判断基準を固める必要があります。

そのためにも相続放棄は相続の専門家にご依頼していただくべきでしょう。

〇相続放棄手続きがそもそもできない場合がある

相続放棄の申述期限である、相続が発生してから3か月以内であれば、原則相続放棄が可能です。

しかし、下記のように「被相続人の財産を相続放棄をする前に処分してしまった」場合は相続放棄ができません。

・被相続人の不動産や預金口座の名義を自分名義にしてしまった。
・遺産分割協議書を作成して、手続きを進めてしまった。
・被相続人の借金を被相続人の預貯金から一部でも支払ってしまった。

ですので、ご家族に不幸があり、相続が発生しましたら、まずは専門家にご相談するべきでしょう。

〇相続手続きを進めている間に、相続放棄ができなくなっている場合がある

相続手続きを進めている間に、相続放棄ができなくなっている場合があります。

具体的には、下記のようなことが考えられます。

・相続財産を知らないうちに自分の名義に変更していた
・相続財産の不動産の名義を確認していなかった

これらの場合、将来的に困ることになる場合が非常に多いです。

ですので、必ず相続放棄は専門家にご相談ください。

相続放棄に関するサポートについて>>

相続放棄の手続きの流れ

相続放棄手続きは、下記のような流れで進みます。

1.相続放棄の申述書類の作成、提出書類の収集

相続放棄をすることを決めたら、最初にすることは「相続放棄の申述書類の作成」「提出書類の収集」です。

まず、相続放棄の申述書の作成をします。

2.家庭裁判所へ相続放棄申述書の提出

相続放棄の申述書と提出書類の収集が完了したら、家庭裁判所に相続放棄を申請します。

ただし、家庭裁判所はどこでもよいわけではなく、故人の最後の住所地が管轄に含まれる家庭裁判所に限られます。あなたがお住まいの地域の家庭裁判所で相続放棄の申述ができるとは限りませんので、必ず確認しましょう。

相続放棄の申請をすると、家庭裁判所で審査が開始します。

相続放棄の申述書の提出から数週間以内に家庭裁判所から照会書と言う書類が送られてきて、照会書に回答し、返送することにより実際の審査に移る場合もあります。

3.相続放棄の受理

相続放棄申述書の提出から、早くて3週間程通常は1カ月程で受理されます。長い場合でも2カ月程で受理されます。相続放棄が受理される通知が家庭裁判所から送られてきます。

また、相続放棄の申請の時に、相続放棄が受理されたことを証明する「相続放棄受理証明書」を提出している場合は、相続放棄受理証明書も同様に管轄家庭裁判所から送られてきます。

相続放棄に関するサポートについて>>

相続放棄の必要書類

相続放棄手続きに必要となる書類は、下記の通りです。

相続放棄に必要な書類

詳細

相続放棄申述書

相続放棄を家庭裁判所に申述(一般に言う申請)するための紙です。

申述する人(つまり相続放棄をしたい人)、被相続人、場合によっては法定代理人を記載し、「申述の理由」を明記します。また、収入印紙を800円分貼付します。

この「申述の理由」の記載内容が、相続放棄が認められるかどうかを左右します。ご自身で記入することも可能ですが、記載が適切でないと相続放棄が認められないリスクがあります。

また申立後に家庭裁判所から送られる照会書も同様に相続放棄が認められるかどうかの重要な役割があります。

故人の住民票除票(または戸籍の附票)

故人の最後の住民票(除票)や戸籍の附票が必要です。住所地が遠方であるとき等は郵送でのやり取りとなるでしょうから、1通の書類を取得するためだけに非常に労力がかかることも考えられます。

故人の戸籍謄本(除籍謄本も必要な場合あり)

故人の最後の住所地で取得できる場合もありますが、本籍地が住所地と異なる場合もあります。

また、相続関係によっては、故人の出生から死亡までのすべての戸籍・除籍謄本が必要になることもあるため、転籍などで多方面の戸籍を取得しなければならないときも往々にしてあります。

戸籍の収集をご自身で進めることは非常に大変であり、その間に期限が過ぎてしまったということも考えられるため、専門家に依頼することで迅速・確実かつ楽に収集できます。

相続放棄する方の戸籍謄本

相続放棄をする方の戸籍謄本を、ご自身の本籍地で取得します。こちらも住所地が本籍地とは限りませんので、遠方となることも考えられます。

なお、相続する人によっては、被相続人の死亡の事実が明記された戸籍謄本を用意する必要がありますので、ご注意ください。

相続放棄に関するサポートについて>>

相続放棄が必要になる場合

相続放棄が必要になるのは、下記のような場合です。

〇故人に多額の借金があることを突然知った
〇故人宛の借金の督促状が届いた
〇故人が他人の借金の連帯保証人になっていた
〇事業承継のため特定の相続人に相続財産を集中させたい
〇遺産が少ないので煩雑な手続きやトラブルを避けたい

ただし、相続放棄ではなく、相続財産の分け方(遺産分割といいます)を工夫することで、上記の問題を解決できる場合があります。

まずは相続の専門家である司法書士に相談いただき、最適な対応方法を一緒に検討しましょう!

当事務所での相続放棄・借金の相続を回避した解決事例

〇 遺産分割を通して未成年の相続人への借金の相続を回避した事例

当事務所では相続放棄の無料相談を実施中です!

相続放棄の相談受付中当事務所では相続放棄についての無料相談を実施しております。

なお、相続放棄はご自身でも申請することが可能ですが、万が一、書類の不備や期限切れで申請が受理されなかった場合、大きな借金を背負ってしまう可能性があります。

そのためにも、必ず専門家にご相談することをお勧めします。

無料相談受付中!詳しくはこちら>>>

料金表についてはこちら>>

当事務所が相続放棄で選ばれる理由

松山の相続手続きで選ばれる理由

当事務所が選ばれる理由について詳しくはこちら>>

相続放棄の料金表

項目 意味

ライトプランパック
25,000円

ミドルプランパック
40,000円
フルプランパック
50,000円
戸籍収集 相続放棄に必要な戸籍収集をおこないます ×
相続放棄申述書作成 相続放棄を申請するための申述書を作成します。
書類提出代行 家庭裁判所への書類提出を代行します。 ×

照会書への回答作成支援

家庭裁判所からの質問に対する回答書の作成支援をします。 ×
受理証明書の取り寄せ 家庭裁判所が相続放棄を受理したことの証明書を取り寄せます。 × ×
債権者への通知サービス 相続放棄が成立した事を債権者に対して通知するサービスです × ×
親戚への相続放棄「まごころ」通知サービス 相続放棄したことを事前に次の相続人にお知らせすることで、不要なトラブルを回避させるサービスです。

※料金は、相続放棄1名様あたりの金額となります。

3ヶ月期限超えの相続放棄申述書作成費用

1件:70,000円~

(※提供サービスは、上記フルプランパックと同じものとなります。)

よくご相談いただくサービスメニュー

相続登記サポートバナー 相続手続き丸ごと代行サービス

その他の手続きのサポート料金

相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続手続きを…

    長期間の間、分かりやすく、また迅速に対応して頂き助かりました。こまかい連絡もいただき、母親共々感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

  • 相続放棄・成…

    専門的に助言いただいて、助かった。早めに相談するとよい。

  • 相続手続き・…

    快く接していただいて、不安な気持ちも吹っ飛びました。本当に感謝いたします。ありがとうございました。

  • 相続手続き

    1か月くらいで遺言の内容を実現してくれました。丁寧で迅速な対応をありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP